面接の際には受け答えをする回答の内容や服装などに気をつける人は多くいます。

面接の際は自分自身の匂いに気をつけよう

面接時の逆質問について 面接の際には受け答えをする回答の内容や服装などに気をつける人は多くいます。もちろん見た目などは第一印象を決める大切なポイントであり、見た目を整えることでよいイメージを与えることができます。ですが目に見えていない個所でも、面接官には様々な印象を与えることがあります。それは自分自身の香りなどになります。あまり気にとめていない人はいますが、香りも人におっては様々なイメージをあたえ印象を決める要素の1つとも言えます。そのため面接時には自分自身の香りにも気をつけて対策をしておくのがよいです。例えば夏などの季節は、どうしても汗をかいてしまいます。

そんな時は企業に行く前の駅などを利用して、制汗剤スプレーやウェットシートなどを利用して汗のにおいを抑えておくとよいです。汗はどうしてもかいてしまうものですが、そのままにせずしっかりケアすることが重要となります。逆に香水などは控えたほうがよいです。特に濃い香りのものは人によっては不快に感じる人も多いので、よかれと思って香水をつけて逆に印象を悪くしてしまう可能性もあります。マナーとして香水をつける人はいますが、面接時では基本無臭であることを心がけておくのがポイントとなります。

おすすめ情報