面接では、どのようなことを話そうかと悩む方も多いでしょう。

面接ではマナーを守る

面接時の逆質問について 面接では、どのようなことを話そうかと悩む方も多いでしょう。ある程度聞かれそうな内容を予測しておき、聞かれた時には即座に答えられるように反復練習を繰り返しのも1つの方法です。本番当日では、かなり緊張して思うように話すことができない可能性もありますから、記憶というより身体に覚えさすような気持ちでいる方もいるでしょう。面接の受け答えは非常に重要ですが、それと同じ位に重要度が高いと言えるのがマナーに関することです。面接は、話をしている間だけが重要という訳ではありません。入室する時、または会場に入る瞬間から始まっていると考えるべきです。

多くの企業の面接担当者たちは、話をしている時以外の時間でも各応募者の行動に目を配っているでしょう。集団面接などであれば、人の話をしているときに聞く態度なども参考となります。自分の順番が終わったからといって、気を抜いているような態度をとれば悪い印象を与えてしまうことにもなりかねません。一般的な常識に関するマナーはもちろんのこと、面接時に必要となりそうなビジネスマナーも基本はおさえておくようにしましょう。面接時には、常に気を張っておくことが重要であるといえるでしょう。