会社に就職するためには採用試験を受ける必要があり、必ず受けることになる試験の1つとして面接があります。

夏の面接時での服装の注意点について

面接時の逆質問について 会社に就職するためには採用試験を受ける必要があり、必ず受けることになる試験の1つとして面接があります。新卒者であっても中途採用者であっても同じであり、自分自身をアピールする場所となり企業側としては面接者を見極める場にもなります。就職の際にはとても重要な面接ですが、季節に合わせて洋服にも注意するようにすることが大切となります。特に夏の場合は暑さから上着などを脱いでしまう人が多くいます。もちろん企業までの移動時には上着を脱いでいても問題はありませんが、面接を受ける企業の会社に入る前には必ずジャケットは着用していくことが基本となります。

意外に企業の中に入ってしまえば冷房がきいているので、ジャケットを着用していても暑くなく過ごせるので安心です。また汗が出ている状態で上着を着るのではなく、一度駅などで汗が引くのを待って落ち着いてから、ジャケットを着用するなど工夫しても良いです。どんなに暑くても、ジャケットを着用せずYシャツ姿はマナー違反となるので覚えておくとよいです。また転職などで面接する人で多いのが、クールビズの癖によってネクタイを忘れてしまうというミスなども多いようです。面接の際はクールビズなど関係はないので、しっかりと上着をきてネクタイを締めるようにすることが大切です。

おすすめ情報