面接には様々なマナーがあり、多くの人が対策をして挑むことになります。

面接時の冬の服装の注意点について

面接時の逆質問について 面接には様々なマナーがあり、多くの人が対策をして挑むことになります。そんな際季節によってマナーに多少の違いが出てくることをしっかりと覚えておくとよいです。例えば冬の面接の場合、外は寒いのでコートやマフラーを着用する人は多くいます。中には手袋などを利用して寒さ対策を行う人もいます。ですが面接を受ける場合にどのタイミングでコートを脱いだら良いか迷う人が実は少なくありません。基本的なマナーとして、冬の季節に着用するコートやマフラーに手袋などは、企業の社内に入る前に脱ぐのが基本マナーとなります。マフラーや手袋などは外した後は邪魔にならないよう、鞄の中にしまうようにします。

コートは脱いでから綺麗に畳み手に持ってから企業の建物へ入るようにします。外はとても寒いからといってコートを脱いだまま、建物に入ってから脱ぐのはマナー違反となるので注意が必要となります。また企業によってはコートをかけるためのハンガーなどを貸してくれる場合もあるので、その際はしっかり御礼も忘れないことが大切です。面接が無事に終わって変える時も、コートなどは建物から出てから着るようにするとよいです。コートを着用するのは冬だけの季節になり、意外にマナーの1つとして見落としがちなポイントなので覚えておくとよいです。

おすすめ情報